ガレージハウス・注文住宅・リフォームの東郊建設 [昭島/福生/あきる野]

住宅診断・耐震診断Diagnose

ホーム > 住宅診断・耐震診断

住宅診断について

「自社による設計・施工」

住宅診断って何?

住宅診断士(ホームインスペクター)という専門家による、現時点での建物の劣化状況・コンディションを把握するための調査です。 外周り(基礎、外壁、破風、屋根、雨樋など)や家の中(内装、水周り、小屋裏床下など)を簡易な道具(メジャー、懐中電灯、打診棒)を使用し、基本的に家具などを動かさず、見える範囲での点検、触診、打診を行います。

住宅診断のタイミング

  1. 中古住宅の購入時
  2. 自宅の売却時
  3. リフォームをする時期
  4. アパート、マンション建て替え、修繕でお困りの際

住宅診断のメリット

(1)中古住宅の購入(買主の立場)

  • 住宅に問題が無いか専門家がチェックすることで安心して購入・居住することができます。
  • 「欠陥住宅」や「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを避けられます。
  • 安心して住むために、いつ頃、どこに、どのくらいのお金をかけてメンテナンスすればよいか、見通しをたてることができます。
  • 住宅の修繕箇所、改善点などについて、売主側にも根拠を持って知らせることができます。
  • 中立な立場で公正な診断を行うことにより、売主側との関係を損ねることなく、対応や説明を求めることができます。
  • 住宅の構造、設備など、本質的な性能がわかります。
  • 買主・住まい手の立場からみた報告やアドバイスを受けられます。

(2)住宅の売却(売主の立場)

  • 住宅のコンディションを明らかにして、買主に情報を提供することができます。
  • 売った後の、建物の不具合について買主とのトラブルを未然に防ぐことができます。

(3)リフォームをする時

  • 建物の状態がわかるため、修繕箇所の優先順位や計画が立て易いといえます。
  • インスペクションの報告書を、住宅の資産価値を保つための「家の履歴書」として残すことができます。
  • 結果として適切に費用を使うことができるため、無駄が無くなります。

住宅診断の流れと費用

お問い合わせ
こちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
担当者より、診断内容やお見積りをご案内いたします。
お申し込み
断希望日時をご指定のうえ、住宅診断を申し込みください。
必要書類の送付
平面図、立面図など、指定された書類がある場合は事前にご送付ください。
※当日確認する場合もございます。
住宅診断を実施
(ホームインスペクション)
現地で受託診断(ホームインスペクション)をおこないます。
ご依頼者様にも当日お立会いいただき、診断後には結果をご説明いたします。
報告書の受け取り
住宅診断士(ホームインスペクター)より診断結果の報告書を送付いたします。
診断結果についてのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お支払い
料金は診断内容によって異なりますが、およそ10万円(税別)前後が目安です。
詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

耐震診断について

耐震診断について

耐震診断について

近年、地震の規模も大きくなっており、阪神淡路大震災や東日本大震災では、堅固な鉄筋コンクリートや鉄骨の建物も大きな被害を受けました。

安心して暮らしていただくためには、災害に対して建物の安全性を知ることが大切です。

大地震で被害を受けた建物では、耐震補強していない場合の「復旧費用」と耐震改修を行っていた場合の「耐震改修」の費用と比較して、耐震改修を行っていた場合の費用の方が、はるかに少ないといわれています。

これらの実例から、耐震診断は安心して暮らすために必要な診断なのです。

耐震診断の対象となる建物

  1. 昭和56年改正以前の建物
  2. 構造を無視したリフォーム及び増改築をした建物

ホームインスペクション、または現時点で建物の傾きや、基礎や外壁の著しいひび割れなどが発見された場合や目視だけでは発見しにくい雨漏れなど、詳細な項目について特殊な機械を使用して検査します。

耐震診断は既存の建築物を対象とした昭和30年の旧耐震基準(1981年5月以前)で設計され、耐震性能を保有していない建物を、現行の構造基準(耐震基準)で耐震性の有無を確認することです。また、昭和56年の新耐震基準(1981年6月1日)で建てられた建物においても、劣化などが懸念される場合は耐震診断をされることをお勧めします。

東郊建設の耐震診断は、自治体からの補助金も併用できます。詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • 求む現場監理の匠
  • 求む住宅営業の鏡

PAGE TOP