空き家対策・リフォーム・注文住宅の東郊建設 [昭島/福生/あきる野]

お知らせNews

ホーム > お知らせ > 次世代住宅ポイント制度で快適リフォーム

ブログ2019.09.27
次世代住宅ポイント制度で快適リフォーム

次世代住宅ポイント制度で快適リフォーム

住み慣れ、愛着もある我が家。

そんな我が家も築年数が経つにつれ、老朽化で改修が必要になったり、家族の増減に応じて「間取りなどの模様替え」「リフォーム」について考え始める方もいらっしゃると思います。

しかし、2019年10月の消費税増税のことを考えると、気になるのは「10月以降のリフォームは高くなってしまうの?」ということ。

実は消費税増税対策として、国土交通省が「次世代住宅ポイント制度」という制度を設けています。
この次世代住宅ポイント制度を活用すれば、10月1日移行引き渡しの物件についても、お得にリフォームすることが可能です。

築年数が経った住宅も、次世代住宅ポイント制度を活用したリフォームで快適な住宅へ。

今回は「次世代住宅ポイント制度」で、どんなリフォームが対象となり、どのようにお得になるのか、詳しく見ていきましょう。

次世代住宅ポイント制度とは

次世代住宅ポイント制度のイメージ

次世代住宅ポイント制度とは、一定の条件を満たした住宅の新築・リフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換することができるポイントを発行するという制度です。

次世代住宅ポイント制度が適用される条件

ポイントが適用される条件には以下のようなものがあります。
所有者が施工者に工事を発注(工事請負契約)して実施するリフォーム(賃貸を含む)
2019年度中に契約・着工し、2019年10月1日移行に引き渡しを受けるリフォーム

次世代住宅ポイント制度でもらえるポイント

リフォームの内容に応じたポイントの合計(一戸につき上限30万ポイント)が付与されます。
ただし、次の場合上限が引き上げられます。

・若者・子育て世帯※1で自ら居住する住宅をリフォームする場合→上限45万ポイント/戸
・若者・子育て世帯で既存住宅を購入※2しリフォームする場合→上限60万ポイント/戸
・若者・子育て世帯以外で安心R住宅※3を購入※2し、リフォームする場合→45万ポイント/戸

次世代ポイント制度の若者・子育て世代特例 次世代ポイント制度の若者・子育て世帯以外の特例

※1 若者世帯とは、2018年12月21日時点で40歳未満の世帯のこと。
 子育て世帯とは、2018年12月21日時点で18歳未満の子を有する世帯、又は申請時点で18歳未満の子を有する世帯のこと。
※2 自ら居住することを目的に購入した住宅について、売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に限ります。
※3 安心R住宅とは、消費者が安心して中古住宅を購入できる目印とするため、基礎的な品質があり「安心」で、リフォームプランがついていて「きれい」、情報が開示されていて「わかりやすい」などの条件を満たした中古住宅にマークをつける制度があります。それが「安心R住宅」です。
詳しくは国土交通省のページをご覧ください。
国土交通省 安心R住宅

次世代住宅ポイント制度でできること

それでは次世代住宅ポイント制度を活用したリフォームでできることを具体的に見ていきましょう。

窓、ガラス、ドアの断熱リフォーム

まずは窓やガラス、ドアの断熱リフォームです。
たとえば内窓を新たに設置して二重窓にしたり、既存のガラス・窓・ドアを交換したり、新しくドアを設置するリフォームが対象となります。

ドアや窓は、部屋の外と接する部分。
夏暑くて冬は寒く、冷房が効きづらいなどの原因はドアや窓であることもしばしば。

二重窓の画像

断熱素材の窓やドアに取り換えたり、二重窓にしたりするリフォームであれば、断熱効果で冷暖房の効率もアップ。夏や冬も快適に過ごしやすくなります。

ドアや窓のリフォーム1つでも、生活の快適さが格段に上がることがあります。部屋の温度などでお悩みの方は、毎年来る夏や冬を快適に過ごすため、是非窓やドアのリフォームをご検討ください。

外壁、屋根、天井または床の断熱リフォーム

外壁、屋根、天井や床などの断熱リフォームも次世代ポイント制度の対象になります。
断熱材などを一定量使用するリフォームがこれにあたります。

断熱材を使ったリフォームの画像

断熱性の低い住宅では冬や夏は部屋と廊下の気温差が激しく、特に高齢者にとっては血圧の差が出やすくなるため、体に負担がかかりやすいという特徴があります。

しかし、断熱性を高めるリフォームをすれば、部屋間の室温差も少なくなり、血圧が安定しやすくなります

健康にも良い影響を及ぼす断熱リフォーム
廊下に出た時暑い、トイレに行くにも冷えるなど、部屋間の気温差が気になる方は、外壁、屋根、天井または床の断熱リフォームをおすすめします。

エコ住宅設備の設置リフォーム

太陽熱利用システムや、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機や節湯水栓など、次世代住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の製品を使用したリフォームも制度の対象となります。

いずれも太陽熱エネルギーを使ったり、エネルギーの消費効率に優れていたりと省エネでエコな設備です。

省エネなトイレリフォームのイメージ

折角新しいものに交換するのなら、地球にもお財布にもやさしく、長く使い続けられる製品へ。
エコ住宅設備設置リフォームで、快適かつ健康的な暮らしを実現していきましょう。

バリアフリーリフォーム

手すりの設置や、段差解消、廊下幅を広げるリフォームに、ホームエレベーターの新設、衝撃緩和畳の設置リフォームなどが対象となります。

毎日暮らす家だから、安心して暮らしたい。
今、バリアフリーリフォームは高齢の方がいる住宅だけでなく、今後必要だとして比較的若い世帯でも実施することが増えています。

バリアフリーなリフォームのイメージ

高齢化社会の進む日本では、今後ますますバリアフリーの必要性が高まるとみられています。長く、安全に暮らせるよう、将来を見据えてのバリアフリーリフォームも考えてみてはいかがでしょうか。

家事負担軽減に資する設備の設置

次世代住宅ポイント制度を活用できるリフォームは他にも。

ビルトイン食洗器や、掃除しやすいレンジフード、ビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、掃除しやすいトイレ、宅配ボックスなど、家事の負担を軽減させてくれる設備の設置にも次世代住宅ポイント制度を活用できます。

ビルトイン食洗器設置リフォーム

毎日しなければならない家事は、少しでも負担を減らしたいものです。
家事の動線の整備などと併せてリフォームをするなど、リフォームを組み合わせすることでも家事を格段に楽にすることが可能です。

家事効率をアップし、速く、楽に。
次世代住宅ポイント制度を使って、家事の負担も減らしていきましょう!

次世代ポイント制度を活用したリフォームは東郊建設へ

リフォームなら、住み慣れた我が家をもっと快適に。

次世代ポイント制度を活用したリフォーム

東郊建設では制度や補助金を活用し、暮らしに合わせたリフォーム・リノベーションのご提案もいたしております。

「これは次世代ポイント制度を活用できる?」「こんなリフォームがしたいんだけど」など、次世代ポイント制度を使ったリフォームへの質問やご相談がありましたら、是非、東郊建設へ一度ご相談ください。

空き家対策やリフォーム、注文住宅など
いつでもお気軽にお問い合わせください

  • 求む現場監理の匠
  • 求む住宅営業の鏡

PAGE TOP